スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理セラピー

子供に自信をつけさせるにはどうしたらいいのか模索する日々がつづいていました。

子供なりの考えでは親からいくらかっこいいと言われてもダメで10人の同世代の人
たちから「かっこいい」と言われたら自信がつくというのですが、これは心理学でいう
他人からの承認欲求にあたるのですが現実問題としてそれはちょっと無理がある
ように思いました。

ではどうしたらいいのか・・・
キモイと言われたショックを完全に癒すことができるのだろうか? 

そんな時何年か前から購読しているメルマガでお知らせが載っていました。
この方は京都で心理セラピストをされていて、主にNLPを応用した独自の
セラピーで問題解決に導くものでした。

その方が札幌にきて個人セッションやワークをされるというのを知り、早速予約を
いれ当日を楽しみにしていました。

当日あるホテルの一室で子供の個人セッションがはじまりました。親は同席でき
ないということで、私は市内のべつな場所で時間をつぶしていました。

約2時間後子供から終ったから迎えに来てという連絡が入りまっすぐにホテルの
一室に向かいました。

部屋にはいると子供の顔がやや紅潮して明るくなって
いるのがわかりました。

セラピストの方からおおまかな説明を受けホテルをあとにしました。

さっそく翌日から小さな変化があらわれました。

いままでは1日中家に閉じってパソコンをやったりマンガを読んだりで
しかも昼夜逆転の生活をしていました。

それが朝8時ころに起きてきて花に水をやったり、外に出て運動をしたり、
パソコンも自ら時間を決めてやるようになりました。昼間も相当眠いのを
必死に我慢しているのがわかりました。

「今までの生活ではダメだ、絶対変わってやるんだ」 と意気込んでいました。
このままいい方向に変わっていってくれたらと祈るような気持ちでした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:癒しの花
不登校の子をもつ親です。
子供が苦しむ姿をみて親として何
かこころのサポートができないか
と思い心理セラピストになろうと
一大決心。今、心理セラピストを
めざして日々猛勉強中です。

同じ悩みをもつ皆さんと一緒に成
長していけたらいいなという思い
で情報発信をしていきたいと考え
ています。

「喜びは人に伝えることにより倍
増し苦しみは人に伝えることによ
り半減する。喜びも苦しみも分か
ち合えるそんなセラピストを目指
してはばたきます」

「私はあなたのこころの闇に希望の光を運ぶペガサスです」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。