整形したい

未分類
02 /20 2009
ある日青葉学級からの下校中2人の高校生らしき男の子とすれ違いました。
そのうちの一人がつぶやいた言葉が子供の耳にとどきました。

「今の奴顔キモかったよな」
顔キモかったよな・・・
その時の子供のショックははかり知れないものがあったでしょう。

またあらたな苦しみが始まりはじまりました。
「そうかオレは顔がキモイからいじめられたんだ」それ以来鏡をみるのを
避けるようになっていきました。そして洗面所で顔を洗うこともしなくなりました。

確かにあの頃の子供の顔は覇気がなくうつろな目をしていました。
それが相手にキモく映ったのでしょう。

でも親バカかもしれませんが顔はイケメンの方だと思っています。
「キモイというのはほんとうに顔の造作が気持ち悪いのではなく
表情がくらいので雰囲気がキモく映ったんだよ」と言い聞かせましたが
それには子供は納得しませんでした。「顔がキモイと言った」と。

すっかり顔に自信をなくしてしまったようです。
悶々とした日が過ぎていき、ある日「オレ顔を整形したいんだけど」 
と言い出しました。「この鼻と目が気に入らない、このせいなんだ」

どうやって返事をしたらいいのか迷いました。
「今すぐには無理だけどお前が整形したいんならダメだとはいわない、
それで気がすむのなら」その時はそう答えましたが、

費用だっていくらかかるかわからないし、そんな余裕なんてどこにもありません。
しばらくしたら心変わりするだろうという期待がありました。

それよりもこの子に自信をつけさせるにはどうしたらいいんだろうか、
ということに気持ちが動いていきました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

富の配達人ミッチー

「富は力である」という言葉が好きです。富を持たずして世の中を変革した偉人は多くいましたが、凡人には無理なことです。我々が何かを達成しようとしたり、世の中を変えていこうとするときに、富は大きな力の一つになります。富を正しく使うことで世の中を変えていく事ができます。そんな富を得る方法をナビゲートします。